株、トレード、FX、投資の知識

株、トレード、FX、投資の知識について書いています。他にもそれに役に立つことも書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

ジョージ・ソロスのトランプ相場での大損

 ジョージ・ソロスは、とても有名で成功して大金を稼いでいた投資家だ。そんな彼だが、アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプ氏の当選が決まってから数週間のうちに10億ドルの損失を出したと報道されている。2016年の米大統領選では、ヒラリー・クリントン氏が勝利するとほとんどのメディアは報道し、もしトランプ氏が勝利すれば、その過激な公約への警戒もあり株価は大暴落という予想が大半を占めていた。伝説の投資家も、同じように考えていたようで、トランプ大統領誕生が確定してからは、かなり大きな額の空売りを行ったようだ。しかし、実際はアメリカの株式市場は、彼の規制緩和的な政策に期待を示し大きく上昇した。
 どんなに知識、経験が豊富で百戦錬磨の投資家でも未来を確実に予想できないことを証明したわけだ。彼にとってこの額は、許容範囲なのかどうかわからないが、絶対という事はありえず、常にリスク管理をする大切さを思い知らされる出来事である。


クリックしてくれた方、ありがとうございます。 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

PageTop

先行指標に乗っかって遅行するものにエントリー

トレードで成功している与沢翼さんの言葉。
「その時々の『先行する指標』を見極めることができれば負けるなんてことはありません。なぜなら先行指標に乗っかって遅行するものにエントリーすればいいだけですから」。
PageTop

修正力と対応能力

 田中将大投手のメジャーデビューは、勝利で終えた。3回までに3点を失う。変化球中心の配球で打たれた。しかしその後、キャッチャーと話し合い、直球中心の配球に切り替え、相手打線を0点に抑え、メジャー初勝利をあげた。ヤンキースのGMは、田中投手が自分で修正し持ち直したことを評価した。ヤンキースの先輩の黒田投手も、成功するのに必要なことは、修正力と対応能力にあるといい、田中投手はそれを持っていることを証明した。
 相場でもとても重要な修正力と対応能力。前回の記事でも書いたが、相場は不確実なもの。常に変化する動きに対して、修正力と対応能力を持って、機敏に動かなければならない。
PageTop

株、投資の詐欺に遭う確立を低くする方法

 人の欲を刺激する株、投資の詐欺は、実に巧妙で、引っかかる人が後を立ちません。誰だって「必ず儲かる」と言われれば心が動きます。そこで株、投資の詐欺に遭う確立を低くする方法を紹介します。あえて「遭わない方法」ではなく「確立を低くする方法」としました。
①分からない、理解できないことに手を出さない。
②すぐに決めず、信頼できる人に相談する。
③自分は大丈夫だと自信を持たない。常に、警戒心を持つ。
④必ず儲かることは有り得ない。
この4つは最低でも肝に銘じておきましょう。
PageTop

物の価値

 先日、あるWebサイトの広告を見て思わず笑ってしまった。ゲームの広告なのだが、こう書いてあった、「毎日もらえるレアカード」。毎日もらえるのに、レアカード?? そして物の価値について考えさせられた。
 物の価値は、その希少性に比例する。たくさんあり、簡単に入手できるものほど価値が低くなる。ダイヤモンドだってそこら中にあれば、価値は大きく低下する。そして、これは、お金にも当てはまる。よく日銀が大量に紙幣を刷れば良いという意見があるが、あまりに大量に紙幣を刷ると、円の価値が大きく低下する。これはインフレを産み、過度のインフレは、国民生活にとって大きな負担となる。
PageTop

噂、期待で買って事実で売る

 株式やFXの格言に、「噂、期待で買って事実で売る。」というのがある。最近の日本の7月の参議院選挙における日経平均の動きもこれに当てはまる。参議院選挙の前から自民党が有利だと報道されると徐々に株価は上がっていき、自民党が参議院選挙で勝利すると高値で売られる。自民党が参議院選挙に勝ったからと言って、結果だけで買ってしまうと損をすることになる。
 格言のような株価、FXの動きは頻繁に見られるので、よく覚えておく必要のある言葉だ。
PageTop

日経新聞のリーク依存体質

 「経済ニュースを疑え!」という記事が話題を呼んでいる。マスコミ関係者の間では公然の秘密とされてきた日経のリーク依存体質に初めて正面から斬り込んだからだ。この記事では、日経へのリークから紙面化までの具体的なスケジュールがマニュアル化されていることを、大手総合商社の広報担当者が赤裸々に明かしている。
 そのマニュアルとは、<リークするための企画書を作成→日経記者を会社に呼んで、担当者を同席させて事前レクチャー→日経新聞がスクープとして記事化→東証が当日朝に情報漏洩について事実確認→当日午前、「当社に関する報道がありましたが、これは当社が発表したものではありません」と発表、関与を否定→当日午後、正式発表>というもの。「新製品開発」「提携」などの情報を意図的に漏らし、企業側に都合よく書いてもらうための方法だ。
 また、正式な決算発表の直前に、特定のメディアが数字をリークしてもらうことが当然だとなれば、経済報道の信頼そのものが揺らぐ。実際、決算発表前に、日経に、二度、三度と上方、下方修正の記事が躍る。
 このように企業と日経新聞の癒着が恒常化しているのであれば、日経新聞の信頼性は大きく失われ、企業の広告新聞と成り果てるだろうし、もうすでにそうなりつつある。

PageTop

株、投資にまつわる詐欺について

 株、投資にまつわる詐欺事件が後を立たない。詐欺師は、知識がないことを見抜いた相手には、儲け話を持ち込み、高額な投資資金を出資させる。被害者は、欲に駆られ、そんなに儲かるならと、よく調べもせずに大金を出資する。詐欺師は、その金を受け取ると行方をくらます。典型的な投資詐欺のパターンだ。
 他にも未公開株詐欺も多い。「未公開の株を買わないか?上場すると、2倍になる。」といわれ、紙くず同然の株を買わされる。しかし、よく考えてほしい。そんなに金になる株を、何故、あなたに売るの?自分で持っていて、上場したら売ればいいのでは!どうしても善意での行為だと言うなら、「あなたが上場したその株を売って、儲けたお金をください。」と言ったら、どうするのかな。株、投資詐欺には気をつけましょう。

投票
PageTop

元中日の監督、落合さんの考え方

 落合監督の監督を止めた今だから話せる采配に関する記事を読んだ。とても面白かった。普段は取っ付きにくい感じがしあまりコメントしない落合監督の考え、リーダー論が書いてある。この考えは、ビジネスマンにも参考になる。中でも特に私が感銘を受けたのは、「負けない努力をすることが勝ちにつながる」という言葉だ。チーム打率(.228)、得点数(419得点)は共にリーグ最低であるのに優勝できたのは、この考えの正しさを示している。八年間常に三位以上の結果を残し四回のリーグ優勝を果たした落合監督の手腕に疑いはない。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。