株、トレード、FX、投資の知識

株、トレード、FX、投資の知識について書いています。他にもそれに役に立つことも書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

日本銀行の懸念

 黒田日銀総裁は先日の講演で、「日本経済が中長期的に成長するためには供給力の拡大が重要。」と発言し、成長戦略の重要性を強調した。
 日銀はこれまで、需給ギャップが大きくマイナス(供給過多)なことが主な要因で起こっていたデフレからの脱却、経済の活性化をめざし、大規模な金融緩和を行って来た。その結果、需給ギャップは解消され、物価は上昇し経済も上向いてきた。そうすると今度は、供給(生産)側に、人手不足という問題が出てきた。供給が伸びず需要が伸びていくと、物価上昇の圧力は増す。しかし、物価は上昇するが、経済が成長しない、企業の利益が伸びない、給料が増えないとなると、国民にとっては大きなマイナスだ。日銀は、このスタグフレーションの状態になることを懸念している。
 日銀は、大規模な金融緩和によりデフレから脱却することには成功しつつあるようだが、今度は、人手不足という供給側の問題が表面してきた。この問題は、日本の根本的な問題である少子高齢化が原因である。この問題を解決するために、日本政府は全力を尽くす必要がある。


クリックしてくれた方、ありがとうございます。 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

PageTop

順張りと逆張り

 相場の流れに従って売買することを順張り。その流れが変わると読んで、変わる寸前で売買するのが逆張り。逆張りは当たれば利益は大きいが、流れの変化を読み間違えると損失が大きくなる。ある程度トレンドが出てから、その動きに乗る順張りが基本だ。しかし、そろそろこの辺で流れが変わるかもしれないという逆張りの発想も常に頭に入れておく必要がある。順張りを基本に逆張りの発想を持つことが大切。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。