株、トレード、FX、投資の知識

株、トレード、FX、投資の知識について書いています。他にもそれに役に立つことも書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

現物取引と信用取引

 現物取引は、実際に株を購入し売買する。信用取引は、株を買う場合は、証券会社からお金を借りて株を買い、株は証券会社が保有する。株を売る場合は、証券会社から株を借りて売る。だから、現物株を保有していなくても、信用取引では株を売れる。売りから入れるのが信用取引の大きな特徴だ。
 だが、信用取引は、限られた期間に決済しなければならない。買いは基本は6ヶ月以内だが、それ以上でも可能。売りは、6ヶ月以内。また、信用取引では、株を売買している間に金利がかかる。買いの場合は2~3%ぐらい、売りの場合は1~2%の利率が多いようだ。逆日歩という売り特有の費用もつくことがある。
 信用取引ではレバレッジが3倍ぐらいあり、少ない資金で大きな取引が出来るが、その分損も大きくなるので、しっかりリスク管理をすることが大切。
スポンサーサイト
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。