株、トレード、FX、投資の知識

株、トレード、FX、投資の知識について書いています。他にもそれに役に立つことも書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

日、米、欧中央銀行の最近の金融政策比較

 9/4(木)のECB理事会で政策金利が0.1パーセント引き下げられ、0.05%となった。また、来月からABS(資産担保証券)の購入を開始するとし、量的緩和についても話し合ったと発表した。最近の欧州の経済指標が弱かったこと、CPIも伸びずデフレへの警戒感が強まったことなど欧州経済が悪化傾向にあるため、今回のような決定を下したようだ。
 市場は、大方現状維持との認識が大勢で、利下げはサプライズだったらしく、利下げ発表後ユーロ/ドルは1.315から1.292、ユーロ/円は137.98から135.97まで大きく下落した。
 現在の日、米、欧各国の中央銀行の金融政策をまとめると、日本は年2%のインフレターゲットを設定し、大規模な金融緩和を実施中。米は、好調な米経済を受け、10月にも米国債、MBSの購入を終わらせ、金融緩和を終了させるようで、市場は利上げの時期に関心が移っている。2015年後半以降との見方が大勢。欧州は、今回大きく利下げし、最低水準の政策金利となった。追加緩和も検討中のようだ。このような中央銀行の政策の違いが、ドルが大きく上昇している要因の一つとなっている。
PageTop

自分の利益の出る取引を確立する

自分の取引を確立する。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
PageTop

賢者の石などない

 トレードをする上で、完璧に価格の動きを読むことなどできないし、それができる道具などもない。多くの変数(出来事など)が価格に影響を与えており、それをすべて把握することなどできないし、その変数の価格に対する影響についての考え方も様々だからだ。だから、リスク管理を徹底する事が必要。
PageTop

ECBは先進国で初のマイナス金利を採用

 先日のECB理事会で、マイナス金利や企業への融資促進策など、大規模な金融緩和策が決定された。
 今回金利を-0.1%にしたのは、下限金利である中銀預入金利。中銀預入金利とは、民間銀行がECBに預けた余剰資金に適用される金利。この金利がマイナスとなったことで、銀行は通常なら受け取れる金利分を、逆に徴収される。このため、銀行が金利負担を嫌って資金を融資に回し、市場金利も低下する効果が期待されている。政策金利は0.25%から0.15%へ、上限金利の限界貸出金利は0.75%から0.4%に 引き下げられた。
 今回ECBが大きく利下げをした背景には、ユーロ圏でのデフレや経済低迷への危機感があったようだ。これを防ぐためにさらに、ドラギECB総裁は「資産担保証券(ABS)の買い入れの準備を加速させる」と語った。
 この利下げは、先月5月8日のECB理事会で示唆されており、その直後から、ユーロ/ドルは1.399付近から1.35付近へ、ユーロ/円は142.3付近から138.6付近へ大きく下落した。
 一昨日の利下げ決定直後は大きく下落したものの、すぐに買い戻され、発表前の水準をやや上回った。一旦売りポジションを手じまう動きが出たようだ。
PageTop

日本銀行の懸念

 黒田日銀総裁は先日の講演で、「日本経済が中長期的に成長するためには供給力の拡大が重要。」と発言し、成長戦略の重要性を強調した。
 日銀はこれまで、需給ギャップが大きくマイナス(供給過多)なことが主な要因で起こっていたデフレからの脱却、経済の活性化をめざし、大規模な金融緩和を行って来た。その結果、需給ギャップは解消され、物価は上昇し経済も上向いてきた。そうすると今度は、供給(生産)側に、人手不足という問題が出てきた。供給が伸びず需要が伸びていくと、物価上昇の圧力は増す。しかし、物価は上昇するが、経済が成長しない、企業の利益が伸びない、給料が増えないとなると、国民にとっては大きなマイナスだ。日銀は、このスタグフレーションの状態になることを懸念している。
 日銀は、大規模な金融緩和によりデフレから脱却することには成功しつつあるようだが、今度は、人手不足という供給側の問題が表面してきた。この問題は、日本の根本的な問題である少子高齢化が原因である。この問題を解決するために、日本政府は全力を尽くす必要がある。
PageTop

順張りと逆張り

 相場の流れに従って売買することを順張り。その流れが変わると読んで、変わる寸前で売買するのが逆張り。逆張りは当たれば利益は大きいが、流れの変化を読み間違えると損失が大きくなる。ある程度トレンドが出てから、その動きに乗る順張りが基本だ。しかし、そろそろこの辺で流れが変わるかもしれないという逆張りの発想も常に頭に入れておく必要がある。順張りを基本に逆張りの発想を持つことが大切。
PageTop

自分で判断する力をつける

自分の判断を磨く。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
PageTop

修正力と対応能力

 田中将大投手のメジャーデビューは、勝利で終えた。3回までに3点を失う。変化球中心の配球で打たれた。しかしその後、キャッチャーと話し合い、直球中心の配球に切り替え、相手打線を0点に抑え、メジャー初勝利をあげた。ヤンキースのGMは、田中投手が自分で修正し持ち直したことを評価した。ヤンキースの先輩の黒田投手も、成功するのに必要なことは、修正力と対応能力にあるといい、田中投手はそれを持っていることを証明した。
 相場でもとても重要な修正力と対応能力。前回の記事でも書いたが、相場は不確実なもの。常に変化する動きに対して、修正力と対応能力を持って、機敏に動かなければならない。
PageTop

相場は答えのある世界

相場の答えとは。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
PageTop

初心者でもトレードは儲かるのか?

 よく初心者でも儲かるなどという言葉を目にする。これは本当なのだろうか?答えは、当然、嘘。ただ初心者でも一次的に儲けることができることはある。それは、トレードは、価格の上下の二通りを予測するだけの極めてシンプルな構造なので、運よく予想が当たることがあるからだ。しかし、運だけでは予想が当たり続けるわけがない。株、トレードで儲け続けるためには、相場を勉強することやトレードテクニックを学ぶことが絶対必要。運だけで儲け続けられる世界ではない。
PageTop

株、投資の詐欺に遭う確立を低くする方法

 人の欲を刺激する株、投資の詐欺は、実に巧妙で、引っかかる人が後を立ちません。誰だって「必ず儲かる」と言われれば心が動きます。そこで株、投資の詐欺に遭う確立を低くする方法を紹介します。あえて「遭わない方法」ではなく「確立を低くする方法」としました。
①分からない、理解できないことに手を出さない。
②すぐに決めず、信頼できる人に相談する。
③自分は大丈夫だと自信を持たない。常に、警戒心を持つ。
④必ず儲かることは有り得ない。
この4つは最低でも肝に銘じておきましょう。
PageTop

2014年の世界・日本の主な政治・経済日程

1月  米大統領一般教書演説
     IMF・世銀の世界経済見通し
    日本の経済・物価情勢の展望の中間評価
2月  G20財務相・中央銀行総裁会議
    米連邦債務上限き上げ期限
    イエレンFRB議長就任
3月  中国全国人民代表大会
4月  IMF・世銀Spring Meetig
    日本の消費税の8%への引き上げ
    日本の経済・物価情勢の展望の中間評価
5月   欧州議会選挙
     OECD世界経済見通し
6月  G8首脳会議
    世界銀行  世界経済見通し発表
7月  日本の経済・物価情勢の展望の中間評価
8月  イギリス スコットランド  独立住民投票
9月  G20財務相・中央銀行総裁会議
10月  APEC  
     IMF・世銀総会
     イギリス スコットランド  独立住民投票
     日本の経済・物価情勢の展望の中間評価
     ECB、EBA(欧州銀行 監督機構) ストレステスト結果発表
11月  米中間選挙
     G20サミット
     OECD世界経済見通し
     スペイン  カタルーニャ自治州  独立住民投票
12月  2015年10月の消費税 増税の判断
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。